無機質な花の裁判

薄暗い廊下に白い窓枠の角。その陰にゆるい振動が走り亀裂が生じる。
ブルーの空色に近い有袋類。サタニストと選挙活動。

うさぎ小屋に、3日の夜、薄くもがかかる月の深夜。半分になったズボン、チャコール色のズボンを履いた薄き身の悪い痩せた白シャツの男が60人はいた。確かに見た。時計は2時16分を指していた。男は常々言っていた。

「シー、シー、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ。茶色のビルが崩壊するときに、その下のコーヒーショップに向けられる虹色の橋。私は怒ります。無機質な花の裁判で審査され、今は漆塗りの仕事をしています。」

まだ覚えていて、歩いている。それから、男たちはナイフを取り出した。ナイフで黒いビニールを裂き、粘度の人形を取り出し、うさぎの水飲み皿の横に60回それを置いた。小屋に隣接している大きな池に全ての金魚の鱗が並べられていた。

3人組もいた。空気の力で浮かぶビスケット状の溶ける大理石に乗って、幽体のコオロギとねじれた二重螺旋を描いていた。私はその時の黄色と赤のシェルを探している。

靴音は響いた。誰かがそこを歩けば必ず目の窪んだ虚ろな管理人が隠しにきた。彼の目から空洞の背中の管理者が隠れるようになった。彼の仕事は別にそれを防ぐことではなかったと聞いた。だから、私は彼に、彼が管理者であると言いたがっているのか、と尋ねました。彼は実際、欠陥の嘘つきだった。

黄金の帽子掛け。その男は辞書が自慢。本棚にはそれがいくつかある。でもそれは終わっている。でも認識している。誰かが忠告していた。

選択された白いコットンタオルのように、時間が過ぎても気にすることはない。誰も老婆の紙のクジを配って、電車で帰る記憶に変えたりはしない。

目の鋭い猫がため息をついて、呆れてしばらく長いこと歩いている。ドーム型の天井に日没をコピーして片目を瞑って笑う少女。片隅にはトタン屋根のパイプからオルゴールの音が響く。あなたと彼のセンスは似ている。彼の水色の愛。そして戻ってくると返す言葉のない役員が頭を投げて呪文を唱えるでしょう。「シー、シー、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ、ヤップ」
「ラジオの音がする。意味を感じる。またいつもの新聞の時間だ。中身を覗いてみればおとといと何も変わっていないことに気づく。材質の違いにはうるさくなった。車にも厚みがあるので、角を曲がったところで、どれだけ早く走ったところで、団地と歯医者の隙間に入ることはできません。年間で最も結果を出した恋人達にだけ与えられるから。」

ダメージ、ブルーの瞳。空気銃の魔法。ポールダンス。酵素入りのグリーンアップルサイダー。サイボーグ。ビジネスダンス。望遠鏡。双眼鏡。えんぴつファイル。2リットルの水と火成岩の化石少し。ドラムンベースと巻き時計。壁で怪物と流暢に喋る長雨用重り。それで全部。残りの消防は続けるようだ。 

Horn corners of a white window frame in a dark corridor. Loose vibration runs behind and cracks.
Marsh bags close to blue sky color. Satanist and election activities.

In the rabbit cabin, on the evening of the 3rd night, the late night of the moon that takes a thin layer. There were 60 men who were thin slender white shirt wearing halved pants and charcoal pants. I saw it. The clock was pointing at 2:16. A man always said.

"A rainbow bridge towards the coffee shop underneath it when the brown building collapses," Ya, Yap, Yap, Yap, Yap, Yap, Yap, Yap, Yap, Yap, Yap, Yap, Yap, Yap, I am angry, we are judged by an inorganic flower trial, I am doing a lacquering work. "

I also remember and walk. Then the men took out the knife. I tore the black vinyl with a knife, took out the doll of viscosity and put it 60 times beside the rabbit watering dish. All the goldfish scales were lined up in the large pond adjacent to the hut.

There were three people. A biscuit-like melting marble floated by the power of air, a double helix twisted with a cricket of a mystery. I am looking for yellow and red shells.

The shoe sounded. If someone walks there, the empty administrator who is hollowed out of his eyes came to hide. I heard that his work was not to be prevented separately. That's why I asked him that he just wanted to say that he was an administrator. It was also a liar of a defect.

A golden hat rack. That man boasts a dictionary. There are several on the bookshelf. But that is over. But I am aware. No, someone advised.

Although time has passed, there is nothing to bear in mind as it is like a selected white cotton towel. Nobody will deal with the old woman 's paper curse, and will not turn it into a memorable train.

A sharp eye cat sighs and is amazed and walking. A girl who copies sunset at the dome type ceiling and laughs at one eye. The sound of a music box echoes from a pipe of a tin roof at one corner. His sense with you is alike. His light blue love. And officials who have no words to return will cast their heads and cast spells. "Sea, sea, yap, yap, yap, yap, yap, yap, yap, yap, yap, yap, yap, yap"
"The sound of the radio sounds.I feel the meaning of the radio.It is the time of the usual newspaper.When I peek into the contents I noticed that nothing changed like the day before yesterday.It was noisy for the difference of the material Since there is a thickness, at the place where the corner is turned, how fast you ran, you can not enter the gap between the estate and the dentist, only given to the lovers who gave the most results in the year. "

Damage, blue eyes. Air gun magic. pole dance. Green apple cider with enzyme. cyborg. Business dance. telescope. binoculars. Pencils file. 2 liters of water and muddy a bit. Drum base and watch. Freight speaking freaks with walls. That's it. The rest of the fire.

 

働かなくていい世界を作った後に、偽札をつくって暮らしたい

 

無我夢中になることが目的であって、手段は何でもいいかもしれない

 

赤い に繋がる 物理作用をトレースすることは多分いつかできる。だから経験を伝えることもできる。でも、トレースした後に、それがそれであることを確かめるすべがない、本当に?

 

自分がそれそのもので、意味なんてない方がより良いとして、それに気づいていないあなた。でもそのあなたとあなた以外もひとつのものだと言えるのだろうか。そこには救われた人と救われない人がいるのか、なぜ広める必要があるのか?それが勝手におこったことなのか、本当に?

 

本当の事に気づいている風の自分と、本当のことに気づいていない風の彼女、本当に近いのはどっちだろう。

 

断定すると間違える。こうだと思うときっと失敗する。でも間違えなければずっと分からない。分からなかったことにも気づけない。

 

 自分も分からないし、更に言葉でも伝えられない、だから一緒にやろう、という気持ちはすごく分かる。

 

 

 

 

 

 

talk show host

観光でいった小学生の時代に、たこ焼きと生姜焼きの透明な虫。

右足の付け根の毛についた水滴に、アスファルトの熱気が伝わり、飽和する水蒸気。木製のテーブル、木製のソファ、木製の家。赤い屋根にはカラスがいる。

雲の中に悪魔。キツツキの後ろに少年。少年は目の前にある少年とそっくりな少年のことを怖いと思っている。納屋、納屋は知らないけれど暗闇の臭い。

 

少女は牛の世話が終わり、ミルクを飲みたいと思っている。冷蔵庫の中には初めて見る先生がいて、メガネは曇っている。指紋の脈の中に脈の数だけ涙が流されている気がした。じゃあ正義のために死んだ青年の血で作られた絵の具では、正義のオアシスはできなかった。汗について意識はしていなかったが、海にも多数の生物がいて、狂気もあった。

 

歴史の移り変わりのその時に立ち会って一番感じたことは、人間が考え出した抽象的な七つの現在の真実を、その出力として絵画や彫刻やいろいろなメディアアートがあるけれども、そのどれも全く真実を反映することなく、通り過ぎ去ってしまっていて、そのことに気づいてすらいないということだった。あの戦争も、あの技術もそうだった。

A transparent insect of Takoyaki and ginger grill in the era of elementary school students.

The hot air of the asphalt is transmitted to the water drops attached to the hair on the base of the right foot, and saturated water vapor. Wooden table, wooden sofa, wooden house. There is a crow on the red roof.

Devil in the clouds. A boy behind the woodpecker. The boy thinks he is scared of a boy who looks like a boy in front of him. I do not know the barn or the barn, but the smell of darkness.


The girl wants to finish taking care of the cow and want to drink milk. There is a teacher to see for the first time in the refrigerator, and the glasses are cloudy. I felt that the tears were flowing as many pulses in the pulse of the fingerprint. Then the paint made of the blood of a young man who died for justice could not do an oasis of justice. I was not conscious of sweat, but there were many creatures in the sea, and there was also insanity.


The most felt thing when I met on that occasion of the transition of history is that although there are paintings, sculptures and various media arts as its output, the abstract seven current truths that humans figured out, none of them totally truth It did not reflect, it passed over the street and it was not even aware of that. That war and that technology were so.

ネジなどについて

転送メッセージ


ネジなどについて

歯車とかバネとかナットとかそういう細かい部品はなにか魅かれるところがある。
ネジはそんなに好きじゃない。なんか堅い感じが良くない。

自転車とか精密でエレクトロニックな機械とかが壊れたりすると、
最悪だっていう気持ちが98%、2%は分解して中身を見れるっていうので少しうれしい。
修理できそうだったり出来たりすると最高。
だからネジの頭が+とか-じゃなくて三角とか✽みたいになってて分解できないようになってたりすると
最低って思う。
そういうのもあってネジはそんなに好きじゃない。くるくるするのも締めるときはいいけど、緩めるときは力をどこに込めたらいいのかよくわからない。

あとそういう分解とか修理とかが好きな人間なんだって思われるのも好きじゃない。
それをすることが出来るのが嬉しいってだけで、出来ないと悔しいだけ。
お惣菜を値引き価格で買えたら嬉しいけど、値引き価格で買うのが好きなんだって思われたら嫌だってことと似てる。

 

Forwarding message

For such a screw
Gear Toka Toka spring nut Toka such small parts is a place wither something attractive.
Screw is not that I like. Something hard feeling is not good.
If you or broken Toka electronic machines by bicycle Toka precision,
98% feeling Tteyuu worst, a little happy because the 2 percent say watch the contents to decompose.
Best If you or can or was likely to be repaired.
So Toka head of the screw is + - not'm triangle Toka ✽ If you or so as not to be disassembled and has become like a
I think I at least.
Screw'm not so much love there is also that sort of. I hope when you tighten also to round and round, I do not know what I do and where to put the force when loosening.
I do not like even to think Even such decomposition Toka Toka repair favorite human beings do after.
Only me it is nice to be able to do it, frustrated and can not be just.
I hope you buy a side dish at discount prices, is similar to it 's unpleasant When appeared Even I like to buy at the discount price.

 

转发消息

对于这样的螺钉
齿轮Toka Toka弹簧螺母Toka这样的小部件是一个有吸引力的地方。
螺丝不是我喜欢的。有些硬的感觉不好。
如果你或破碎Toka电子机器由自行车Toka精度,
98%感觉Tteyuu最糟糕,有点快乐,因为2%的人说观看内容分解。
最好如果你或可能或可能被修复。
所以螺丝的Toka头是+ - 不是三角Toka✽如果你或者这样不被拆卸,并已成为像
我想我至少。
螺丝不是那么多的爱,也有那种。我希望当你收紧也圆圆,我不知道我做什么,在哪里放松的力量放松
我不喜欢甚至认为即使这样的分解托卡托修复最喜欢的人做后。
只有我很高兴能够做到这一点,沮丧,不能只是。
我希望你买一个副菜以折扣价格,是类似于它的不愉快当出现即使我喜欢以折扣价购买。

 

 

これって私だけ?

お題「これって私だけ?」

 

Killing time

 

スマートフォンのイヤフォンマイクは嫌だ

イヤフォンマイクで歩きながら電話している人を見ると、携帯電話がリュックほどの大きさの時代にこれって普通でしょ、といった風情ですかした顔をきっとしていたんだろうな、というような違和感と同じものを抱く。きっともっと洗練された形があると思う。というかびっくりするのでやめて欲しい。

電車内でイヤフォンで電話している方と思ったらラジオを聞きながら独り言を延々言っている精神失調の方だったときにイヤフォンマイクという存在があるとわかりづらいのも嫌である理由のひとつ

 

②たまに首すじがピキッとなり怖い

痛い 。年に5回ほどなる

 

③想像の手榴弾を人ごみに投げ炸裂させる

これをしたくなるときは休む必要があるときの合図として活用する

RAGE AGAINST THE MACHINEとの相性がいい