読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talk show host

観光でいった小学生の時代に、たこ焼きと生姜焼きの透明な虫。

右足の付け根の毛についた水滴に、アスファルトの熱気が伝わり、飽和する水蒸気。木製のテーブル、木製のソファ、木製の家。赤い屋根にはカラスがいる。

雲の中に悪魔。キツツキの後ろに少年。少年は目の前にある少年とそっくりな少年のことを怖いと思っている。納屋、納屋は知らないけれど暗闇の臭い。

 

少女は牛の世話が終わり、ミルクを飲みたいと思っている。冷蔵庫の中には初めて見る先生がいて、メガネは曇っている。指紋の脈の中に脈の数だけ涙が流されている気がした。じゃあ正義のために死んだ青年の血で作られた絵の具では、正義のオアシスはできなかった。汗について意識はしていなかったが、海にも多数の生物がいて、狂気もあった。

 

歴史の移り変わりのその時に立ち会って一番感じたことは、人間が考え出した抽象的な七つの現在の真実を、その出力として絵画や彫刻やいろいろなメディアアートがあるけれども、そのどれも全く真実を反映することなく、通り過ぎ去ってしまっていて、そのことに気づいてすらいないということだった。あの戦争も、あの技術もそうだった。

A transparent insect of Takoyaki and ginger grill in the era of elementary school students.

The hot air of the asphalt is transmitted to the water drops attached to the hair on the base of the right foot, and saturated water vapor. Wooden table, wooden sofa, wooden house. There is a crow on the red roof.

Devil in the clouds. A boy behind the woodpecker. The boy thinks he is scared of a boy who looks like a boy in front of him. I do not know the barn or the barn, but the smell of darkness.


The girl wants to finish taking care of the cow and want to drink milk. There is a teacher to see for the first time in the refrigerator, and the glasses are cloudy. I felt that the tears were flowing as many pulses in the pulse of the fingerprint. Then the paint made of the blood of a young man who died for justice could not do an oasis of justice. I was not conscious of sweat, but there were many creatures in the sea, and there was also insanity.


The most felt thing when I met on that occasion of the transition of history is that although there are paintings, sculptures and various media arts as its output, the abstract seven current truths that humans figured out, none of them totally truth It did not reflect, it passed over the street and it was not even aware of that. That war and that technology were so.

ネジなどについて

転送メッセージ


ネジなどについて

歯車とかバネとかナットとかそういう細かい部品はなにか魅かれるところがある。
ネジはそんなに好きじゃない。なんか堅い感じが良くない。

自転車とか精密でエレクトロニックな機械とかが壊れたりすると、
最悪だっていう気持ちが98%、2%は分解して中身を見れるっていうので少しうれしい。
修理できそうだったり出来たりすると最高。
だからネジの頭が+とか-じゃなくて三角とか✽みたいになってて分解できないようになってたりすると
最低って思う。
そういうのもあってネジはそんなに好きじゃない。くるくるするのも締めるときはいいけど、緩めるときは力をどこに込めたらいいのかよくわからない。

あとそういう分解とか修理とかが好きな人間なんだって思われるのも好きじゃない。
それをすることが出来るのが嬉しいってだけで、出来ないと悔しいだけ。
お惣菜を値引き価格で買えたら嬉しいけど、値引き価格で買うのが好きなんだって思われたら嫌だってことと似てる。

 

Forwarding message

For such a screw
Gear Toka Toka spring nut Toka such small parts is a place wither something attractive.
Screw is not that I like. Something hard feeling is not good.
If you or broken Toka electronic machines by bicycle Toka precision,
98% feeling Tteyuu worst, a little happy because the 2 percent say watch the contents to decompose.
Best If you or can or was likely to be repaired.
So Toka head of the screw is + - not'm triangle Toka ✽ If you or so as not to be disassembled and has become like a
I think I at least.
Screw'm not so much love there is also that sort of. I hope when you tighten also to round and round, I do not know what I do and where to put the force when loosening.
I do not like even to think Even such decomposition Toka Toka repair favorite human beings do after.
Only me it is nice to be able to do it, frustrated and can not be just.
I hope you buy a side dish at discount prices, is similar to it 's unpleasant When appeared Even I like to buy at the discount price.

 

转发消息

对于这样的螺钉
齿轮Toka Toka弹簧螺母Toka这样的小部件是一个有吸引力的地方。
螺丝不是我喜欢的。有些硬的感觉不好。
如果你或破碎Toka电子机器由自行车Toka精度,
98%感觉Tteyuu最糟糕,有点快乐,因为2%的人说观看内容分解。
最好如果你或可能或可能被修复。
所以螺丝的Toka头是+ - 不是三角Toka✽如果你或者这样不被拆卸,并已成为像
我想我至少。
螺丝不是那么多的爱,也有那种。我希望当你收紧也圆圆,我不知道我做什么,在哪里放松的力量放松
我不喜欢甚至认为即使这样的分解托卡托修复最喜欢的人做后。
只有我很高兴能够做到这一点,沮丧,不能只是。
我希望你买一个副菜以折扣价格,是类似于它的不愉快当出现即使我喜欢以折扣价购买。

 

 

これって私だけ?

お題「これって私だけ?」

 

Killing time

 

スマートフォンのイヤフォンマイクは嫌だ

イヤフォンマイクで歩きながら電話している人を見ると、携帯電話がリュックほどの大きさの時代にこれって普通でしょ、といった風情ですかした顔をきっとしていたんだろうな、というような違和感と同じものを抱く。きっともっと洗練された形があると思う。というかびっくりするのでやめて欲しい。

電車内でイヤフォンで電話している方と思ったらラジオを聞きながら独り言を延々言っている精神失調の方だったときにイヤフォンマイクという存在があるとわかりづらいのも嫌である理由のひとつ

 

②たまに首すじがピキッとなり怖い

痛い 。年に5回ほどなる

 

③想像の手榴弾を人ごみに投げ炸裂させる

これをしたくなるときは休む必要があるときの合図として活用する

RAGE AGAINST THE MACHINEとの相性がいい

 

 

como

No recuerdo bien o vi cualquier sueño. Era un sueño de cierta prueba. O algo idiomas de la prueba, fue el mismo problema Si vas con solamente la respuesta a la colección de problemas, ya que estaba trayendo animales. Le pregunté si no se estudia del conocimiento vertido gente, si el lenguaje es Jan pueden porque es también un pase de prueba sin estudiar, con la respuesta, no parecen tener el entendimiento. no se limita a la lengua nacional Hablando de las cuales, la prueba es la cantidad de puntuación puede tener la sensación de que se ha encontrado para hacer que la cantidad de estudio. En, que había recibido una lección con el fin de obtener esa información. Recordé porque (muy cuestionar si realmente pensaba tal cosa en el momento)
Posteriormente me sometieron a diversos procedimientos en el lugar que se parece a una escuela de la oficina (más o menos a mediados de alta grande scramble), hablo de, no se puede negar es de alguna manera la soledad y el desarraigo. Lo que lo haría.
Sucedió en torno a eso. ¿Por qué es lecciones aprendidas No sé demasiado, sin tener en cuenta para el bien o el mal está vivo, no sólo en la diversión favor ahora, lo que es humano. Era eso.
Sintiendo que sentí en el momento del sueño se me ha desvanecido mientras escribía (Sueño), pero aquellos flexión tornillo para vivir bien es un completo inútil porque privó a aquellos que no viven ante los ojos de los demás, así, ese acto o para el malestar parece, no es por desgracia el jengibre daño a la gente, de pie incluso cambiar el concepto diferente, pensó que era divertido para vivir, mientras que se calle. Sólo para así Si cree que hasta ahora siento que incluso vivió hacerlo es (pregunta y digo o no doblar tornillo para vivir muy bien), sólo se ha reforzado todos los años en lugar de los las únicas palabras los criterios que se han cultivado más hasta este siento lo es. Tal como esto es lo que las cosas me convierto en una persona adulta, tales como.

 

どんな夢をみたかよく覚えておりませんが、確か試験の夢でした。国語のテストか何かで、持ち込み可だったので問題集の答えだけ持って行ったら同じ問題がでておりました。知人と思わしき人から勉強してないのかと聞かれ、国語は勉強しないでもテスト通過できるから良い、と答えたら、理解を得られてないようでした。そういえば国語に限らず、テストはどのくらい勉強をやればどのくらい点数が取れるかは把握していた気がします。むしろ、その情報を得るためだけに授業を受けていました。というのを思い出していました(当時ほんとにそんなことを考えてたかは甚だ疑問です。夢ではそう思い出しましたように感じました。)


 続いて学校の事務所のようなところ(中高大ごちゃまぜっぽい)で諸々の手続きを受けましたが、何かを喋れば喋るほど、なんとなく孤独感とズレが否めない感覚になります。なんなんでしょう。


 そのあたりで起きました。なぜかはわからないけど得た教訓は善か悪は生きるのにあまり関係なく、今楽しい方を選んでしまうしかない、人間だもの。ということでした。

 夢のときに感じた実感(夢ですが、)が書いてるうちに薄れてきてますが、善く生きようと捻じ曲げたものはみすみす他の善く生きてない人に奪われるから全然ダメだ、行動することで不快に思わせたり、人を傷つけるのは残念ながらしょうがない、立場が違えば考え方も変わる、それは黙りつつ楽しく生きよう、と考えました。ただよく考えたら今までもそうやって生きてきた気がするし(ほんとに善く生きようと捻じ曲げてたかというと疑問)、もうこれまで培ってきた基準をただ言い方をかえて年々強化してるだけな気がします。これが大人になっていく、頑固になっていく、ってことなのでしょうか、こう生きたいというように生きるのは難しいです、などなど候。

You couldn't possibly be any dumber.

It does not exert only as property value as a possession. It acts only in emotion, never in reality because not likely start to what the role, or as is regrettable throw it away to say, is a mysterious mascot, there was a charm, such as a curse. It does not act on the plus. But it does not act on the negative. Physical to take money and time.

I can not wait what you need if you wait. Covet clothes and food. It is the Atonement itself, there was no salvation.

The drive to oblivion was the most is an excellent method, impossible way. Method of runner-up is, to find a new mascot. Those physically and realistic also bring about a positive effect also on the emotional.

It is equal to the obsessed, and still there is no there devoted all. No piece of spirituality of giving to those give, would Sacchan shed all like the wind.

Of course, it ends. suddenly.