読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わざわざ美術館に行く理由③つ

美術館は面白い、というよりも、私はに面白い見ていたものを説明するために、なぜ生の絵をわざわざと思う理由を説明する練習です。別に私は映画でも車愛好家の理由は何を願っている、でもよいのです。私はそれはかなり難しいと思います。

 

理由①自分の分身

これはなぜ芸術であり、それがあるのではなく、興味深い美術館に行く理由ではなく芸術を愛好する理由ですが、それにつながるために喜んでいることは基本的に自分の心であなたの分身を見に行くとされています。技巧でも、細部でも、これは、結果の私の延長線または拡張したものであるか、外部の物理的なオブジェクトとして内面のCOSMOにある文字列が何であるかを見られるように、興味深いものです。脳を再咀嚼する前頭葉に、目でそれを見ることによって更新されます。興味深いです。

 

理由②絵が3次元であるため、

絵画の場合は、あなたが平面内で教科書や絵画のウェブを見れば、実際にあなたがライブ表示された場合に受信することができるすべての情報量が異なります。そして、なぜを言うが、顕著であることとか油絵で、であるため、3次元で構成され、キャンバスと呼ばれるもののトップに置かれた状態がある、この着色布紙を作ったとなります。それは生で見たときに見ることができます。

もちろん、外観が異なる状態の光でもあります。それは生きてすべての方法に見られる理由の一つです。

 

理由③概念

彼らは理由に基づいて順序付け、流れがありますが、イベントを計画する能力の人々のためにイベントので、話もあります。良い展覧会はおいしいお米に匹敵する満足感があります。

 

それで全部です。